これからはじまる教育改革

2020年度プログラミング教育必修化。
親として必要な心がまえとは?

近年、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が飛躍的に発達し、私たちは、ロボット掃除機やインターネットの検索エンジンなど、身近な生活のなかでもさまざまな恩恵を受けられるようになっています。そして今、「第4次産業革命」とも呼ばれるこの社会のなかで暮らしてゆく子どもたちがよりよい人生を送れる力を育てることを目的とした、大規模な教育改革がはじまっています。


IT時代の新たな教育改革

この教育改革のなかで「これからの時代の“読み書きそろばん”」と例えられるほど重要視されているのが「情報活用能力」です。2020年度を皮切りに、コンピュータなどの情報通信手段を適切に使う能力や、「プログラミング的思考能力」といった、これからの時代に必要とされる能力を身につけるためのカリキュラムが、順次小・中・高の授業に組み込まれていくことになります。

子どもを持つ親にとっては、この教育改革は子育ての大きなポイントとなります。これからの子育てでは、なるべく早い段階で子どもたちの情報活用リテラシーを高め、新カリキュラムに適応できるような対策を立てる必要があります。

小・中・高で始まる情報活用教育

小学校では、2020年度から、理科や算数といった既存の授業のなかに、パソコンを使ったプログラミング教育が取り入れられます。プログラミング教育と聞くと、コーディング(プログラミング言語を用いたプログラムの記述作業)の技術を学ぶのではないかという勘違いをする人もいるかもしれませんが、そうではありません。子どもたちはこのプログラミング教育により、「自分たちの身近なものがプログラミングによって動作している」という気づきを学ぶとともに、問題を解決するためには、ものごとをどう組み合わせて、どんな順番で改善していけばよいのかといった「プログラミング的思考」の大切さを学ぶのです。

中学校では、2021年度から技術・家庭科のなかに「情報の技術」という内容が組み込まれます。小学校ではパソコンやプログラミングの「体験」に重点が置かれていましたが、中学校ではこの「情報の技術」のなかで、実際に簡単なプログラミングを行うなど、より実践的な内容を学ぶことになります。
そして高等学校では、2022年度から共通必履修科目「情報Ⅰ」が新設されます。この科目では、文系・理系問わず、すべての生徒がプログラミングやネットワーク、データベースの基礎、情報社会におけるコミュニケーションなどについて学びます。そして、2024年度を目安に、情報科目が大学の入試科目に追加される見込みとなっています。近い将来、情報科目を、国語や数学、英語と同じように、基礎科目として履修することが必要になるわけです。

ますます高まるパソコンスキルの重要性

小・中・高におけるこれらのプログラムでは、当然、パソコンを使用することになります。もしも子どもが小学校で初めてパソコンに触れるような状態だと、苦手意識を持ってしまって、その先の学びや楽しみの可能性を狭めてしまいかねません。さらに現実的な問題として、大学入試においてもコンピュータを使って出題、回答を行うCBT(Computer Based Testing)方式の導入が予定されています。普段からパソコン操作やパソコンを使った授業に慣れているほうが、受験に有利になることは間違いありません。
子どもたちをスムーズにプログラミング教育に導くためには、まずは家庭で子どもたちがパソコンに親しめる環境をつくってあげることが大切です。パソコン操作の基本であるタイピングスキルや、学習用ツールであるOfficeソフトの操作スキルを早い段階で身につけておくことが、子どもがプログラミング授業に無理なく楽しく取り組む第一歩になるのです。

就職時にも必要とされる能力

さらに、子どもたちに情報活用能力が必要になる理由として、職業選択の変化が挙げられます。10〜20年後という近い将来、日本の労働人口の約49%が就いている職業を、技術的にはAIやロボットなどで代替可能になると言われているのです。

また、IT(Information Technology)関連産業に従事する人材の不足も大きな理由です。IT人材の需要増加や少子化の影響もあり、2030年には約59万人程度が不足することが予想されています。今から情報活用能力を磨いておくことは、職業選択の幅を広げることにもつながるのです。

これからの時代を先どりできるデバイスとは

小・中・高でプログラミング教育が展開されるうえで、当然、学校における環境整備も進められます。文部科学省では、ひとり一台相当のパソコン配備を推進していますが、推奨する機能としていくつかの条件を挙げています。そのなかで注目されるのが、「ワープロソフトや表計算ソフト、プレゼンテーションソフトその他教科横断的に活用できる学習用ソフトウェアが安定して動作する機能」「キーボード機能」です。

これらの条件に対応できるデバイスということになると、まず最初に子どもに持たせるべきなのは、タブレットやスマートフォンよりも、キーボード機能、そしてOfficeが搭載されているパソコンがふさわしいといえるでしょう。