パソコンを使ってアイデア・思いを伝えよう! あなたの学校・地元の魅力を広げる! アイデアプレゼンコンテスト パソコンを使ってアイデア・思いを伝えよう! あなたの学校・地元の魅力を広げる! アイデアプレゼンコンテスト

テキストを入力・編集する

スライドにテキストを入力編集する方法を説明します

1テキストを入力・編集する

  1. 1.ホームタブの「テキストボックス」、もしくは挿入タブの「テキストボックス」アイコンをクリックします。1.ホームタブの「テキストボックス」、もしくは挿入タブの「テキストボックス」アイコンをクリックします。
  2. 2.あらかじめテキストボックスが設置されている場合(テンプレートなど)は、テキストボックス内をクリックするだけでテキストが編集できます。2.あらかじめテキストボックスが設置されている場合(テンプレートなど)は、テキストボックス内をクリックするだけでテキストが編集できます。

2テキストを強調する

  1. 1.テキストをドラックして選択します。 2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォント〉の▼をクリックします。 4.フォント名をクリックします。1.テキストをドラックして選択します。 2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォント〉の▼をクリックします。 4.フォント名をクリックします。
  2. 5.テキストが変更されます。5.テキストが変更されます。

アドバイス

テキストの選択
テキストを選択するには、目的のテキストをドラッグします。キーボードのCtrlを押しながらテキストをドラッグすると、離れた場所にあるテキストを同時に選択することができます。

3テキストのサイズを変更する

  1. 1.テキストをドラッグして選択します。1.テキストをドラッグして選択します。
  2. 2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォント〉の▼をクリックします。 4.サイズを選択しクリックします。2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォント〉の▼をクリックします。 4.サイズを選択しクリックします。
  3. 5.テキストのサイズが変更されます。5.テキストのサイズが変更されます。

メモ

テキストボックス全体の選択
テキストボックスの枠の部分にマウスポインターを移動すると、形が変わります。この状態でクリックするとテキストボックス全体を選択できます。テキストボックス全体を選択すると、テキストボックス内のテキストすべてに対して、まとめて書式を設定することができます。
テキストのサイズ変更
<フォントサイズ>ボックスに直接数字を入力し、Enterを押して確定しても、文字のサイズを指定できます。

ステップアップ

スタイルの設定
テキストの強調などを目的として、「太字」や「斜体」などを設定することがありますが、これらを「スタイル」と呼びます。スタイルの設定は、<ホーム>タブの<太字>、<斜体>、<下線>、<文字の影>、<取り消し線>を利用します。

4テキストの色を変更する

  1. 1.テキストをドラッグして選択します。1.テキストをドラッグして選択します。
  2. 2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォントの色〉の▼をクリックします。 4.目的の色をクリックします。2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈フォントの色〉の▼をクリックします。 4.目的の色をクリックします。
  3. 5.テキストの色が変更されます。5.テキストの色が変更されます。

メモ

テキストの色の変更
テキストの色は、<フォントの色>の▽をクリックして表示されるパネルで色を指定します。

ステップアップ

他のオブジェクトから色を抽出する
「スポイト」機能を利用すると、他のテキストや画像、図形などから色を抽出して、同じ色を適用できます。スポイト機能を利用するには、手順3の次に<スポイト>をクリックします。マウスポインターの形がスポイトに変わるので、下記の手順に従います。
1. 抽出する色をクリック。 2. テキストの色が変わります。

5段落の配置を変更する

  1. 1.テキストをドラッグして選択します。1.テキストをドラッグして選択します。
  2. 2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈右揃え〉をクリックします。2.〈ホーム〉タブをクリックします。 3.〈右揃え〉をクリックします。
  3. 4.段落が右に揃います。4.段落が右に揃います。

メモ

段落の配置の設定
テキストの配置は、<ホーム>タブに用意されている<左揃え>、<中央揃え>、<右揃え>、<両端揃え>、<均等割り付け>を利用して、段落単位で設定します。

ステップアップ

<フォント>ダイアログボックスの利用
フォントの種類やテキストのサイズなどの書式をまとめて設定するには、<ホーム>タブの<フォント>グループのダイアログボックス起動ツールをクリックして<フォント>ダイアログボックスを表示します。ここでは、下線のスタイルや色、上付き文字など、<ホーム>タブにない書式も設定することができます。

スライドを移動・追加・複製・削除する

スライドの順番を変更したり、追加複製削除する方法です

1スライドの順番を変更する

  1. 画面左に表示されているページのサムネイルをクリックし、持っていきたい場所までドラッグします。画面左に表示されているページのサムネイルをクリックし、持っていきたい場所までドラッグします。

2スライドを追加・複製・削除する

  1. 画面左に表示されているページのサムネイルをクリックし、持っていきたい場所までドラッグします。画面左に表示されているページのサムネイルをクリックし、持っていきたい場所までドラッグします。

画像を挿入・加工する

スライドに画像を挿入したり、加工する方法です

1パソコンに保存されている画像ファイルを挿入する

  1. 1.画像を挿入するスライドを表示します。 2.プレースフォルダーの画像をクリックします。1.画像を挿入するスライドを表示します。 2.プレースフォルダーの画像をクリックします。
  2. 3.画像が保存されているフォルダーを指定します。 4.目的の画像をクリックします。 5.〈挿入〉をクリックします。 6.画像が挿入されます。3.画像が保存されているフォルダーを指定します。 4.目的の画像をクリックします。 5.〈挿入〉をクリックします。 6.画像が挿入されます。

メモ

コマンドの説明
<挿入>タブの<画像>をクリックしても、<図の挿入>ダイアログボックスが表示され、スライドに画像を挿入することができます。このとき、画像を挿入できる空のプレースホルダーがスライドに配置されている場合はプレースホルダーに、プレースホルダーが配置されていない場合や、プレースホルダーにオブジェクトが挿入されている場合はプレースホルダー以外の場所に画像が挿入されます。

2オンラインで画像を探して挿入する

  1. 1.挿入タブから「オンライン画像」をクリックします。 2.Bing イメージ検索 に探したい画像のワードを入力し、検索ボタンをクリックします。1.挿入タブから「オンライン画像」をクリックします。 2.Bing イメージ検索 に探したい画像のワードを入力し、検索ボタンをクリックします。
  2. 3.画像を選択し、挿入ボタンをクリックします。3.画像を選択し、挿入ボタンをクリックします。
  3. 4.画像が挿入されます。4.画像が挿入されます。

3画像をトリミングする

  1. 1.画像を選択します。 2.〈書式〉タブをクリックします。 3.〈トリミング〉ボタンの上側をクリックします。 4.トリミングハンドルをドラッグします。1.画像を選択します。 2.〈書式〉タブをクリックします。 3.〈トリミング〉ボタンの上側をクリックします。 4.トリミングハンドルをドラッグします。

メモ

トリミング
トリミングの機能を利用すると、写真の不要な部分をドラッグ操作で取り除けます。
図形の形に切り取る

写真を選択して、特定の形に切り取ることができます。「図ツール」の[書式]タブで[トリミング]ボタンの下側をクリックします。[図形に合わせてトリミング]にマウスポインターを合わせて、切り取りたい形の図形を選択します。

図形の形に切り取る

ステップアップ

決まった比率でトリミングする

ドラッグ操作でトリミングした場合、比率を合わせてトリミングするのは困難です。Power Point には決まった比率でトリミングする機能があります。写真を選択して「図ツール」の[書式]タブ→[トリミング]ボタンの下側をクリックします。[縦横比]にマウスポインターを合わせて比率の一覧からトリミングしたい比率を選択します。

決まった比率でトリミングする

4画像を加工する(図のスタイル)

  1. 1.挿入した画像をダブルクリックします。1.挿入した画像をダブルクリックします。
  2. 2.図のスタイルのプルダウンアイコンをクリックし、好きなスタイルを選択します。 3.変更が適応されました。2.図のスタイルのプルダウンアイコンをクリックし、好きなスタイルを選択します。 3.変更が適応されました。

5画像を加工する(画質修正)

  1. 1.挿入した画像をダブルクリックして「修整」を選択し、好きな画質を選択します 2.効果が適応されました。1.挿入した画像をダブルクリックして「修整」を選択し、好きな画質を選択します 2.効果が適応されました。

6画像を加工する(色の変更)

  1. 1.挿入した画像をダブルクリックして「色」を選択し、好きな画質を選択します。 2.効果が適応されました。1.挿入した画像をダブルクリックして「色」を選択し、好きな画質を選択します。 2.効果が適応されました。

7画像を加工する(アート効果)

  1. 1.挿入した画像をダブルクリックして「アート効果」を選択し、好きな画質を選択します。 2.効果が適応されました。1.挿入した画像をダブルクリックして「アート効果」を選択し、好きな画質を選択します。 2.効果が適応されました。

8背景を削除する

  1. 1.画像を選択します。 2.図ツールの〈書式〉タブから〈背景の削除〉をクリックします。1.画像を選択します。 2.図ツールの〈書式〉タブから〈背景の削除〉をクリックします。
  2. 3.保持、削除エリアを調整します。 「保持」「削除」いずれかを選択し、鉛筆ツールを使って画像上でエリアを指定します。 背景が削除されました。3.保持、削除エリアを調整します。 「保持」「削除」いずれかを選択し、鉛筆ツールを使って画像上でエリアを指定します。 背景が削除されました。

アニメーションを設定する

テキスト画像図形などにアニメーションの設定ができます。
強調したい内容アニメーションの設定をすることで、より魅力的な作品が作れます。

1オブジェクトに動きを設定する

  1. 1.オブジェクトを選択します。1.オブジェクトを選択します。
  2. 2.アニメーション〈タブ〉をクリックします。 3.一覧から効果(ここでは[ハウンド])を選択します。2.アニメーション〈タブ〉をクリックします。 3.一覧から効果(ここでは[ハウンド])を選択します。
  3. 4.アニメーション再生アイコンが表示されます。 5.オブジェクトには番号タグが表示されます。4.アニメーション再生アイコンが表示されます。 5.オブジェクトには番号タグが表示されます。

メモ

アニメーションを確認する
<アニメーション>タブの<プレビュー>をクリックすると、アニメーションが再生されます。設定した効果を確認しておきましょう。

PowerPoint 2016 新機能をつかう

PowerPoint 2016 をお持ちの方は、
スライド制作スムーズに、また魅力的にアレンジできる新機能をお使い頂けます。
ぜひチャレンジしてみましょう。

1変形機能を使う

  1. [変形] の画面切り替え効果では、1 つのスライドから次のスライドに滑らかに移動するアニメーションを付けることができます。スライドの切り替えをダイナミックに演出できます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  2. [変形] の画面切り替え効果では、1 つのスライドから次のスライドに滑らかに移動するアニメーションを付けることができます。スライドの切り替えをダイナミックに演出できます。詳しくはこちらをご覧ください。[変形] の画面切り替え効果では、1 つのスライドから次のスライドに滑らかに移動するアニメーションを付けることができます。スライドの切り替えをダイナミックに演出できます。詳しくはこちらをご覧ください。

2PowerPoint デザイナーを使う

  1. PowerPoint デザイナー はPowerPoint が自動的に画像やテキスト配置、アレンジなど、デザインアイデアを提案してくれる便利な機能です。PowerPoint に画像を挿入すると、自動的に生成したデザインアイデアが表示され、お好きなものを選ぶことができます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

3手描き機能を使う

  1. PowerPoint 2016 とタッチ対応パソコンをお持ちであれば、充実した手描き入力もお使いいただけます。描画メニューからペンを選択し、好きな色、柄を選びましょう。「効果」にあるレインボーやゴールドを使えばスライドに華やかさをプラスすることができます。

    詳しくはこちらをご覧ください。